2008年11月 6日

碓氷峠鉄道文化むら

20081019碓氷峠鉄道文化むら


親類の法事で横川の近くへ来たので、『碓氷峠鉄道文化むら』に立ち寄りました。

「峠のポーター」ことEF63形電気機関車や、それとペアを組む汎用機EF62、その他貴重な鉄道遺産が数多く収容されています。

大宮の関連としては、忘れてならない川越線のキハ35形ディーゼル列車が展示されています。オールステンレス車という希少なタイプで、見逃せない展示のひとつです。

ちなみに、大宮駅のトレインフェスタで販売されている「川越線グミ」の缶はこの車両をもとにしています。

また、EF15、EF58など、かつて東北・高崎線で活躍した電気機関車にも出会うことができます。
今回は時間が無く、駆け足での見学になってしまいましたので、もう一度ゆっくり見学したいと思っています。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://hoshiusagi.net/mt_root/MT/mt-tb.cgi/239

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)