2008年10月10日

大宮うどん健在なり



大宮駅で唯一、個人営業しているうどん店『大宮うどん』は京浜東北線ホーム北階段下です。

ベテランの大宮人なら、8、9番線にあった「ムサシ食品」の駅そばを憶えてらっしゃるのではないでしょうか。 あの、地獄のように黒い、首都圏最強(?)のしょっぱい汁の味を。無料の揚げ玉をこんもりと積み上げて食べた学生時代・・・(笑)

大宮駅の近代化に伴って構内の飲食店はほとんどJREの傘下か、大手とのタイアップになってしまいましたが、『大宮うどん』はいまだ健在。独自メニューで頑張っています。

昔の「ムサシ食品」ほどではありませんが、醤油味の濃いスープはあの頃を彷彿とさせます。関東(というか東北)ふうの、どんぶりの底が見えない濃い口スープ。大宮のうどんはこうでなくちゃ。(^^)b


「あじさい」や「小竹林」のこなれた味に飽きてしまった方、「京風なんて食えるか!」とおっしゃる剛の方、おすすめ。

立川駅の「奥多摩そば」も応援してますが、こちらも希少。応援しましょう。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://hoshiusagi.net/mt_root/MT/mt-tb.cgi/225

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)